スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2022年度 銅蛇美術工芸高校 合格作品(色彩)と入試内容の考察

 今年も美術系高校入試が無事に終了いたしました。コロナの影響も拡大する中での気の抜けない年末年始でしたが、高校入試は銅蛇美術工芸高校4名、精華学園高校5名、京都芸術高校2名という結果でした。進路に迷った生徒も多い年だったように感じています。 さて銅蛇美術工芸高校について、考察していきます。試験の色彩テーマは「冒険」、モチーフとして「紙袋」が配布されています。テーマをどのように伝えるか、モチーフの形状を絵の中で生かすアイデアなどがポイントとなります。 モチーフの紙袋は四角形のシンプルな形をしていますが、口を開くとユニークなシルエットが見つかります。また口に付いている「ひも」からもさまざまなイメージにつなげることができますね。形の面白さに注目できるとイメージが広がりますから、まずはモチーフを手に取って観察することは重要です。 一方でテーマの「冒険」は具体的にもので説明する場合、モチーフと関連性がないためやや難しく感じるかもしれません。冒険を動き(前に進む、飛び出す、突き破る)にたとえれば自由に描くものを選択できます。動きの表現パターンを研究しておくことは大事です。 色彩の課題は時間との勝負。上の合格者作品は描く力も構成もアイデアもハイレベルで言うことがありません。時間内にここまで仕上げることができるのは、普段から手を動かしている証拠ですね。上から吊り下げられている紙袋を植物のツタとして見立てる、また紙袋に合わせてクレヨンで描かれた城(遺跡?)が中央に配置されて冒険感を強調しています。旗は目的地を表すシンボルになっています。 続けてこちらの作品も合格再現作品です。やや色味がきつく単調なところもありますが、構図の面白さや世界観を作り上げている点が素晴らしい。短時間にこれだけの構成をまとめるのはかなり難しいことです。やはり自分の強みを出し切った作品と言えます。絵の具や筆の知識がもっと加わればより仕上がりを良くできるはず。高校でも楽しみながら絵の勉強を続けてほしいと思います。 最後に、こちらの作品も自分の世界観をしっかり表現できている色彩です。モチーフの生かし方としてはやや物足りない部分もありますが、描かれている生物の魅力と描き重ねて伝わる迫力に圧倒されます!紙袋が波の飛沫で見にくいところを解決できると、さらに見やすくなったと思います。 以上、今年の合格者作品の紹介と考察でした
最近の投稿

授業再開のお知らせ

コロナウイルス感染防止のため教室を4月から特別休講としていましたが、 5月19日(火)より通常通り再開 します。しばらくは1回の受講人数を制限しながら間隔を広く取り、定期的な換気をしながら授業を行う予定です。

7月からの教室移転のお知らせ

二条美術研究所は10年間、二条城の近く二条小川通りの恵まれた環境で教室を運営してきましたが、このたび教室を松本町へ移転することに致しました。最寄駅は京都市役所前となり、近隣には京都御苑、銅駝美術工芸高校、一保堂本店などがあります。

2018年度 銅駝美術工芸高校 合格者作品

今年も美術系高校の入試が無事に終了して、多くの合格者を送り出すことができました。 2018年度の銅駝美術工芸高校の入試では、合格倍率が急上昇したため難しい試験だったと思います。 そんな中でも当教室からは4名の合格者を出すことができました。

2018年度 大学受験 短期直前講座のお知らせ

日程:2019年入試日程終了までの期間 休講日:毎週月曜・木曜・年末年始休講(12月27日~1月4日) *期間途中からの受講にも対応しています。ぜひご相談下さい。 受講料金 (本科生以外の方は別途申込料として5,000円必要) 3時間× 10回コース 35,000円/京都府立大・京都工芸繊維大対策など 3時間× 20回コース 60,000円/神戸大・滋賀大・教育大対策など 3時間× 40回コース 95,000円/京都市立芸大・難関芸大対策 詳しくは以下のページもご覧ください。 直前対策コースのページ 短期間で最大の実技力アップを目指す方のためのコースです。 いつでも受講相談をお問い合わせください。

2017年度 夏期講習のご案内

2017年度の夏期講習のご案内です。 美術系の高校や大学への進学を考えている方のための短期講習です。 これから始める方にとっても受講しやすいコースとなっていますので、この夏の時間を使って進路に向けて実技対策をスタートしてみませんか?

2017年入試直前講習のご案内

2017年度の入試直前講習のお知らせです。 短期間での実技入試対策を行います。志望校に合わせて個別カリキュラムで対応しますので、センター後からの受講でも実技力アップできます。関西の主な国公立大学、私立大学などに対応しますので。